根の上高原オフィシャルホームページ 本文へジャンプ


知られざる根の上高原のうんちくや豆知識をご紹介。
ここを見ればもう根の上高原通。
      だからと言って自慢披露することもないでしょうが・・・。


根の上高原の概要
   根の上高原は岐阜県東部、いわゆる東濃地方に位置し、
   恵那市
中津川市の両市にまたがっています。
   大きな湖(人口湖)が2つあり、
保古の湖は恵那市、根の上湖は中津川市です。
   この両湖を含む一帯が自然公園になっています。
   同じ場所なのに、この2つの呼称があるためいろいろ誤解や混乱がありますが、
   うまく使い分けてください。
   (さらに「胞山県立自然高原」でもあります。余計ややこしい・・で胞山って読めるかな?)
   一般的に道を聞くときなどは「
根の上高原」と言ったほうが通じやすいでしょう。
   慣れてこれば、どこからどこまでが保古の湖か根の上高原か判断できてきます。
   頑張って下さい。
   ちなみに「根の上」
は「ねのうえ」、「保古の湖」は「ほこのこ」と読みます。

根の上高原の自然環境〜樹木編
  根の上高原は標高約930m、頂上の保古山で969mです。
   山のほとんどがヒノキが植林されています。
   そのため、本来の根の上高原の自然の姿を知ることは難しいです。
   自生している主な構成樹種としては
   高木・・・・アカマツ、コナラ、ミズナラ、ホオノキ、ハンノキ、コシアブラ
   小高木・・リョウブ、エゴノキ、ヤマウルシ、アセビ、シロモジ、ウリハダカエデ
   低木・・・・ウツギ、ノリウツギ、ノイバラ、ツツジ
   などです。
   特筆すべきは
ツツジで、コバノミツバツツジをはじめ、ヤマツツジ、モチツツジ、
   ベニドウダン、サラサドウダンなど、誰が数えたかはわかりませんが、
   約20種10万本
がこの高原一帯に自生しています。(一部植栽もある)
   春、いっせいに花開く時期は山が燃えるような真紅に染まり、
   見事な演出をしてくれています。
   毎年、5月の連休時に根の上高原のツツジ祭りが行なわれています。
   ずばり見頃は
5月3日でしょう。
   花情報は随時このホームページで紹介していますので参考になさってください。

   
 年々開花時期が早くなっています。つつじまつり期間中に、
   「散ってるじゃないか!」とクレームのお声も頂きますが、こればっかりは自然のことですから・・・。
   お互い頑張って温暖化対策でもしましょう。
  

根の上高原の自然環境〜山野草編
   標高約1000m、ほとんどが植林地ですので
   珍しい高山植物や山野草はあまり見当たりません。
   ただ、湖の周囲には湿地が大小合わせて多数あるので、
   そこでは湿地特有の草花が楽しませてくれます。
   ・湿地の植物
    ミズバショウ(3月〜4月中旬)
    ハルリンドウ・フデリンドウ(4月)
    コバイケイソウ(5月下旬〜6月中旬)
    ヒメコウホネ(6月)
    サギソウ(8月)
    サワギキョウ(8月〜9月上旬)
    ミカワシオガマ(8月〜9月上旬)
    イワショウブ(8月〜9月上旬)
    マツムシソウ(9月下旬)
    ウメバチソウ(9月下旬〜10月)
    などです。
   そのほかの山野草を名前だけ列挙しますと、
   ・普通に見られる
    ショウジョウバカマ、オカノトラノオ、キランソウ、アマドコロ、ササユリ、ヘクソカズラ、
    チゴユリ、ノアザミ、キンポウゲなど
   ・注意すれば見つけられる
    カザグルマ、ホタルブクロ、ヨイマチクサ、マムシグサ、ハルリンドウ、ユキワリソウ、
    アケボノソウ、ギボウシ、イワウチワなど
   ・以前はあったらしい
    エビネ、シュンラン、クマガイソウ
   
   まだまだ、外来種の進出は少なく、日本の草花を眺めれるのが自慢です。
   ゆっくり、湖の散策道を歩くと見かけることが出来ます。
   ただ最近盗採取が多くなってきています。しかも悪質です。
   野の草花はみんなの楽しみです。
   もし、盗人を見かけたら是非ご一報下さい。
   屈強な山の男たちが締め上げに行きます。     


根の上高原の自然環境〜動物・鳥・昆虫編
   くどいようですが根の上高原一帯は植林地が圧倒的に多いので
   野生動物や昆虫の個体数も種類もそんなに多くはありません
   といっても、白神山地や屋久島などの森と比べてですから、あなたの町よりは多いと思います。
   何がいるかというと・・・
   ○動物
   イノシシ、ニホンカモシカ、
リス、ムササビ、ニホンザル、ノウサギ、イタチ
   タヌキ、ハクビシン、キツネ、野人
   ○鳥
    カラス、トンビ、オオルリ、ウグイス、ヒヨドリ、シジュウカラ、ウソ、ヤマガラ、カワウ、アオサギ、
    カケス、フクロウ、ゲラ、メジロ
   ○昆虫
    オオミズアオ、ヒョウモンエダシャク、ミヤマクワガタ、ダンゴムシ
   ○長いやつ
    ミミズ、アオダイショウ、ヤマカガシ、マムシ、
   ○妖怪
   などがいます。
   めったに見れないとお思いでしょうが、
   季節によっては高確率で見かけることも出来ます。
   偶然遭遇して襲われることは、ありませんが、
   必要以上に騒いだり餌付けしたりすることは絶対に止めてほしいなあ


根の上高原の自然環境〜湿地を歩く
 根の上湖の周囲には遊歩道があり、湿地をめぐる木道が整備されています。
 ミカワバイケイソウやサギソウ、マツムシソウが楽しめます。
 この高原の大きな魅力の一つなのでぜひ歩いてみてください。
 根の上湖一周約1.5km、ゆっくり歩いても40分ほどです。
 ただしところどころ木道が不良の箇所や滑りやすいことがありますので注意して下さい。